橘莉奈のメンバー紹介、その12[出演者]

071222_194318.jpg
「1日2回公演って、何気に慣れると調子いいかもっ!」ってゆう10代の会話を聞いて、『そう信じて頑張れサキエ!』って心の中で気合い入れてる【咲栄の時間】です(笑)



さてさて、今日の紹介は、
『与那嶺渉』役の菅雄太くん。


『ワタル』役のかんかんです。


☆かんかんの秘密☆


1、リラックマ好き。
最初、自分の売りとしてギャップねらってんのかなと思ってたけど、本当に好きらしくてびっくらこいた。
写メ撮るのにいちいち楽屋に届いたリラックマのぬいぐるみを取りに行くほど。
カワイイねぇ。
普通にギャップだぁ・・・。



2、めっさバレエダンサー。
君ささのステージでもクルクルまわってるけど、アップの時に彼がやってる名前のわからない技がすごすぎる。
アップでバーレッスンしてると、手の使い方を丁寧に教えてくれたりする。



3、「常にハイテンションっす!」って言ってるけど、あんまり表面に出さない。
けど本当に中でハイテンションなのがわかるからウケる。
少しお酒が入ると一気にハイテンションが表に出る。



4、私服と稽古着の雰囲気が違いすぎる。
ちなみに稽古着はかなりカワイイ(笑)
左右で模様の違うツナギのパンツとか。



5、ダンスバトルでみんなが「ワタさーん!」って声援をおくった後の「まーかーせーろっ!!」の言い方が耳に残る。
注意して聞いてみて☆



6、もともと目鼻立ちがハッキリしててカッコイイのに、本番で化粧するからヨーロッパ系の顔立ちになる。
私も顔に凹凸がほしい・・・(切実っ!!)



7、大人っぽくて落ち着いてるけど、正真正銘の21歳。
全然サバ読んでない。
うん・・・歳下には見えないわぁ〜



かんかんも話せば話すほど、
知れば知るほど面白い何かがあらわれる人です(笑)
2007-12-22 23:09 この記事だけ表示 |コメント 1 |トラックバック 0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。